介護まめ知識

施設サービスとは

施設サービスとは …施設で介護をする

  • 家族の負担が重く、家庭での介護が難しい
  • 身体が思うように動かないために、一人暮らしが難しい

などのような状況の時に利用するサービスで、要介護者の施設への入所により介護問題を解消しようとするものです。
なお、区分が”要支援”の場合は施設サービスは受けられません。
施設サービスは大きく3つに分けられ

  1. 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
  2. 介護老人保健施設
  3. 介護療養型医療施設
それぞれに以下のようなサービスを受けられます。
介護老人福祉施設

寝たきりや認知症で介護が困難な場合に入所します。

入所の条件
  • 寝たきりや認知症などで身の回りのことができないため、常時介護が必要とされること。
  • 家族での介護が困難であること。
介護保険で受けられるサービス
  • 入浴・排泄・食事等の介護、その他日常生活上の世話
  • 機能訓練
  • 健康管理
  • 療養上の世話
介護老人保健施設

病気や障害はあるが、今の所症状が安定しているので入院の必要はない。
しかし、医師の診察や看護・介護の必要がある場合に入所します。

入所の条件
  • 病状が安定していて治療より介護やリハビリが必要である。
  • 中程度の認知症状態であること
介護保険で受けられるサービス
  • 看護
  • 医学的な管理下での介護
  • 機能訓練、その他の必要な医療
  • 日常生活上の世話
介護療養型医療施設

病状が安定しているとはいえ長期の治療、療養、介護が必要な場合に入院します。
病状などにより以下のような施設があります。

療養病床群 慢性病などで長期の療養を必要とする要介護者のために、医療機能より介護機能に重点が置かれている医療施設です。一般病院よりも部屋の面積や廊下が広く、長期の療養に適しています。
介護力強化病院 介護力を強化して医療を行う病院で、「すべての看護・介護を病院職員が行うこと」と義務づけられていて、寝たきりにさせないためのケアを重視しています。ただし、もともと「介護機能」に重点を置いて作られた病院ではないために、療養環境が不十分なので2003年3月までに療養型病床群に変わることになっています。
老人性認知症疾患療養病棟 認知症のため、精神症状や問題行動を起こし、長期の療養を必要とする人を対象にして、医療と介護のケアを受けられます。
採用案内 健康診断・産業医活動・労働衛生コンサルタント(未病医学センター) ボラティア募集 介護まめ知識 お問い合わせ