介護まめ知識

介護サービスについて

居宅介護サービス…自宅で介護をする

居宅介護サービスとは、介護を必要とするお年寄りが住み慣れた我が家で社会的支援を受けたい時に利用するサービスです。
これらのサービスを支給限度額の中で組み合わせて受けられますが、どのようなサービス、組み合わせが適しているかについては介護支援専門員(ケアマネージャー)に相談しましょう。

居宅サービス
サービス
サービス内容
目的
訪問介護
(ホームヘルプサービス)
入浴・排泄・食事等の介護、その他日常生活上の世話を行う ●食事の世話をしてほしい
●買物をしてほしい
●入浴やトイレに行くのを手伝ってほしい
●衣類の交換をしてほしい
訪問入浴介護 居宅を訪問し浴槽を提供して(浴槽搭載の入浴車を使って)行われる入浴の介護 ●気持ちよく入浴させてあげたい
●自分ではお風呂に入れない
●家庭の浴槽では入浴が難しい
訪問看護 かかりつけ医の判断に基づき、(訪問看護ステーションや医療機関の)看護婦等が居宅で行う療養上の世話と診療の補助 ●点滴の管理をしてほしい
●自宅での床ずれの手当をしてほしい
訪問リハビリテーション 理学療法士・作業療法士が居宅で行う、心身機能の維持回復・日常生活の自立援助のための理学療法・作業療法等のリハビリテーション ●自分や家族ではリハビリができない
●退院した後も自宅でリハビリを続けたい
●リハビリを受けたいが通院が難しい
通所介護(デイサービス) 特別養護老人ホーム等や老人デイサービスセンターに通い(送迎を受け)、施設で受ける入浴・食事の提供、その他の日常生活上の世話(厚生省令で定めるもの)と機能訓練 ●自宅から外に出て、人と交流したい
●仲間とレクリエーションなどを楽しみたい
通所リハビリテーション
(医療機関でのデイケア)
かかりつけ医の判断に基づき、介護老人保健施設・医療機関等に通い(送迎を受け)、施設等で受ける心身機能の維持回復・日常生活の自立援助のための理学療法・作業療法等のリハビリテーション ●施設などに通って、リハビリを受けたい
短期入所生活介護
(ショートステイ)
特別養護老人ホーム・老人短期入所施設等に短期間入所しての入浴・排泄・食事等の介護その他日常生活上の世話 ●家族が介護を離れ,休むときがほしい
●家族が病気や旅行などで介護できない
短期入所療養介護
(ショートステイ)
治療の必要がある場合に、介護老人保健施設や介護療養型医療施設等に短期間入所し受ける、看護・医学的管理下の介護・機能訓練等の医療と日常生活上の世話
認知症対応型共同生活介護
(認知症性老人グループホーム)
比較的安定した認知症の状態の要介護者が、共同生活を営む住居で受ける、入浴・排泄・食事等の介護、その他の日常生活上の世話と機能訓練 ●住み慣れた地域で生活を続けたい
●認知症があるので、自宅では不安である
特定施設入所者生活介護
(有料老人ホーム等)
有料老人ホーム・ケアハウス等で一定の計画に基づいて提供される、入浴・排泄・食事等の介護、その他の日常生活上の世話(厚生省令で定めるもの)、機能訓練、療養上の世話 ●施設で日常のお世話をしてもらいたい
福祉用具貸与 要介護者等の日常生活上の便宜をはかる用具や機能訓練のための用具で、要介護者等の日常生活の自立を助けるもの(厚生省令で定めるもの)の貸与 ●介護用具をレンタルで使いたい
その他の居宅サービス
サービス
サービス内容
目的
特定福祉用具の購入
(居宅介護福祉用具購入費)
福祉用具のうち、貸与になじまない入浴や排泄のための用具(厚生大臣が定めるもの)の購入 ●入浴や排せつの際便利な用具がほしい
●便利な福祉用具を使いたい
●入浴やトイレに便利な用具がほしい
住宅改修
(居宅介護住宅改修費)
手すりの取り付け等の、小規模の一定種類(厚生大臣が定めるもの)の住宅改修費用の支給 ●転ばないよう、住まいを直したい
居宅介護支援
(居宅介護サービス計画費/
特別居宅介護サービス計画費)
居宅サービス等を適切に利用できるように、心身の状況・環境・本人や家族の希望などを受けて、利用するサービスの種類・内容等の計画を作成するとともに、サービス提供確保のため事業者等と連絡調整を行い、介護保健施設入所が必要な場合は施設への紹介等を行う ●介護認定を受けたいが、
どうしていいかわからない。
●介護保険サービスを利用したい
●ケアプランをつくってほしい
採用案内 健康診断・産業医活動・労働衛生コンサルタント(未病医学センター) ボラティア募集 介護まめ知識 お問い合わせ