介護まめ知識

介護保険って何?

介護保険制度とは

介護保険制度は平成12年4月からスタートした制度で、高齢化時代へ対応するべく制定された保険制度です。
この制度により老後の不安要素である介護問題、介護による家族の負担を解消することが目的です。

禁煙外来

介護保険はなぜ必要なのか

介護保険開始前は介護を医療がカバーすることで起こる「社会的入院」などにより、医療保険の財源に限界が予想されていました。この問題を、介護保険を導入する事で「社会全体で介護を支えていく仕組み」を作り、解消しようとする目的があります。

被保険者になる人とは

介護保険に加入して保険料を支払い、保険の給付(介護サービス)を受けることのできる人を「被保険者」といいます。この保険は法律で定められた、強制加入・強制適用の制度です。

被保険者は年齢によって次の2通りに分けられます。

保険者区分 年齢条件 保険料の支払い
第1号被保険者 65歳以上の人 原則として老齢・退職年金からの天引き
第2号被保険者 40歳以上65歳未満で医療保険に加入している人 加入している医療保険の保険料に上乗せして一括して納める

双方とも保険料支払いの義務があり、実際に介護サービスを受けるにはそれぞれ以下のような条件を満たすことが必要です。

保険者区分 給付条件
1号被保険者
  1. 寝たきりや認知症などで常に介護を必要とする状態(要介護状態)の方
  2. 常時の介護までは必要ないが、家事や身じたく等、日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)の方
第2号被保険者 初老期認知症、脳血管疾患など老化が原因とされる15種類の病気(※1)により要介護状態や要支援状態となった方
※1老化が原因とされる16種類の病気

初老期の認知症 (・アルツハイマー・ビック病・脳血管性認知症・クロイツフェルト・ヤコブ゙病など)、脳血管疾患( ・脳出血・脳梗塞など)、 筋萎縮性側策硬化症(ALS、) パーキンソン病、 脊髄小脳変性症、 シャイ・ドレーガー症候群、 糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、糖尿病性精神障害、 閉塞性動脈硬化症、 慢性閉塞性肺疾患 (・肺気腫・慢性気管支炎・気管支ぜんそく・びまん性汎細気管支炎)、10 両側の膝関節、または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症、11 慢性関節リウマチ、12 後縦靭帯骨化症、13 背柱管狭窄症、14 骨祖しょう症による骨折、15 早老症(ウエルナー症候群)、16 末期がん

採用案内 健康診断・産業医活動・労働衛生コンサルタント(未病医学センター) ボラティア募集 介護まめ知識 お問い合わせ