施設のご案内

かんじん川北

特殊浴場・浴場

特殊浴槽では寝たきりの状態となっても入浴することができます。
広々とした空間の中で、ゆったりと入浴を楽しんでいただけます。また、2つの異なるタイプの浴室を設けており、介護状態に合わせて入浴することができます。


特殊浴場


リフト浴場1


リフト浴場2

居室

居室

個室ユニットケア方式(※)を採用。
住宅のようなリビングをもち入居者に対してのプライバシーを確保しながら、入居者同士の交流やサービスが受けられる、明るくゆったりとした雰囲気です。
各居室には洗面台と収納スペースが付いています。
また、ご自身の家具を持ち込む事も可能ですので、お気に入りの家具に囲まれて、ご家庭と変わらぬ雰囲気でお過ごしいただけます。

※個室ユニットケア方式とは
お一人おひとりの個性と生活リズムを尊重するため、お部屋は全室個室となっております。また、入居者を10人ごとの生活単位(ユニット)に分けお世話します。このユニットごとに職員も配置しますので、いわば10人とお世話する職員の共同生活になります。これを「個室・ユニットケア方式」といいます。入居者同士が「なじみ」となり、職員とも信頼関係が生まれ、心安らかな生活を送ることができます。

景観

建物の南側は、のどかな田園風景や手取川や白山連邦を眺める絶好のビューポイントとなっており、特に「川北まつり」での花火を眺めるには最高の場所となってます。

4Fからの眺め

ベランダ前

ベランダからの「川北まつり」花火1

ベランダからの「川北まつり」花火2

共同スペース

明るく居心地の良いスペース
建物中央部の光庭(吹抜け)を設け、光と風を感じる居住者の心理・環境面に配慮した居心地の良い居室・食堂スペースを確保しております。さらに、各職員スペースからは共同生活室・食堂スペースの全体を見渡すことができ、各居室の出入りも確認できるよう見守りにも配慮した設計となっております。

エントランスホール

地域交流室

吹抜け

フロア入口

共同生活室・食堂1

共同生活室・食堂2

対面キッチン

トイレ

包括的な医療・介護・福祉サービスの提供

当施設に隣接して、当法人の母体である洋和会が運営するクリニックや介護老人保健施設、デイケアセンター、並びにデイサービスセンター(川北町より委託)等があり、これらの施設を有機的にリンクさせることで、入居者の病状・介護状態に応じて、きめ細やかな医療・介護・福祉のサービスを包括的に受けることができます。

共用施設・設備

地域交流室
対面式キッチン付食堂
特殊浴場
ユニットバス
トイレ
リビング
洗濯室

建築構造

鉄骨造4階建

延床面積

3,026.11㎡

個人情報基本方針